遠近両用メガネ

遠近両用メガネとは

遠近両用メガネ = 手元から遠方まで見れるメガネ

遠近両用メガネ = 手元から遠方まで見れるメガネ

老眼用のメガネは手元などの近くを見るときに使うメガネなので、そのまま遠くを見ようとするとボヤケて見えてしまいます。
つまり、メガネをはずすか、違うメガネをかけなおす必要が出てきます。

この手間を解消するためにひとつのレンズの中に、2つの違う焦点が組み込まれたレンズを使用したメガネが遠近両用メガネです。

手元から遠方まで段差なく見られる便利なレンズの遠近両用メガネは、メガネの掛け替えをせずに済むので、遠くや近くを交互に見る大きな会場での会議や、街へ出てのショッピングなどに最適です。

中近距離用の遠近両用メガネ = お手元から2~3メートル先まで見えるメガネ

中近距離用の遠近両用メガネ = お手元から2~3メートル先まで見えるメガネ

中近両用とは、お手元だけでなく2~3メートル先まで見えるメガネです。
その為、室内では歩くこともできるくらいの非常に便利なレンズです。

もちろん車の運転には向きませんが、室内であれば遠近両用の代わりとしても使用できるようなとても自然な使い心地のレンズです。

見え方のイメージは写真の通りです。

近々距離の遠近両用メガネ = お手元から1メートル先まで見えるメガネ

近々距離の遠近両用メガネ = お手元から1メートル先まで見えるメガネ

壁に貼ってある表を見ながらお手元で事務作業をしたり、パソコン作業をしたりするときに大変便利です。

近く用(いわゆる老眼鏡)は、お手元しか見えませんが、この近近両用はその少し先まで見ることができます。

なおかつ中近両用よりも近くを見るときの視野がより広く取れますので、非常に便利です。

この便利さは、一度ご使用になられると分かると思います。

見え方のイメージは写真の通りです。


Top